弟子入り

当社職人の多くが入社と共に弟子入りをします。一人前の職人になるためには長い年月を掛けて技術の伝承はもちろん のこと仕事に対する心構えやお客様への対応など多くを先輩の職人達から教わりながら一人前の職人へ育っていきます。

墨壺

墨壺の中には墨で塗らした綿が入っており、その中に糸を通すことによって糸に墨をつけます。墨がついた糸を使い 材木にピンッと糸張りその張っている糸を弾くことにより直線を正確に書くことが出来る昔ながらの道具の一つです。

ノミ

ノミと一言ていっても様々な形状の物があります。写真に写っているのは一般的に細かな作業を行うノミで職人達はヤッコ ノミなどと呼んでいます。細かな作業をするのみの中には曲面を削る物や、細い場所を削る物非常に多くの道具が存在しま す。

たたきノミ

金槌などでたたくノミはしっかり握れるように束の部分が長くなっています。幅や太さ、厚さも様々で用途によって使い分け ます。真ん中の辺りの出してある刃物は持ち主である職人が二十数年前弟子入りした際から使っているノミです。使い込んで あり、刃物を研ぐたびに少しずつ短くなっていき今の長さまで使い込んでいます。

突きノミ

手で押して突くノミは、ホゾという木材を接合する部分の穴の掃除などに利用されます。通常のノミと異なり、金槌などで頭の 部分をたたくことは想定されていないため、他のノミのように頭の部分に金属枠などはないものとなっています。

手鉋

鉋(カンナ)も数多くの物があり、右から鉋を調整するための鉋。現代風の替刃式鉋、幅の少し狭い手鉋、五徳鉋、障子(しょうじ) 等の敷居部分を削る7寸鉋、柱や木材の角を取る面取り鉋、最後に一般的な手鉋。用途に合わせて様々な道具が存在し、職人達の好みに よって使い分けています。

墨付け

墨付け作業は建物全体の構造を理解した上にさらには、仕上がりの状態もイメージしながら行っていかなくてはなりません。真四角な家 ばかりでなく変形した形の建物なども数多く手がけているので、技術だけでなく空間のイメージ力も必要となるプロフェッショナルの技能 の一つです。本物の職人になるには絶対出来なくてはならない作業の一つです。

墨壺&指図板

墨壺といい木材を加工するために印をつけるために使う道具です。墨の入った中に糸を通してあり墨がついた糸を柱などの木材にピンッと 張って弾いて直線を書くことができる昔からある大工道具の一つです。 指図板は大工さんが見るための図面で、職人さんが見やすく書かれた昔ながらの道具の一つです。

道具の手入れ

現在、機械道具も増えてきており手道具というノミやカンナという手道具を使う機会は昔より少なくなっていますが、無垢材を多用する 住宅ではまだまだ必要となるため、技術継承という点も踏まえて使っていっています。

丸太 のもの 加工

角張った構造材は加工が容易ですが『のもの』という丸太の材料を加工するのは非常大変です。丸太であるため他の木材との接触面が曲面 となるため、墨付けの段階と加工の段階ごとに高い技術力と知識が必要となります。この材料を使用する目的は反っている材料であるので 重さに対して非常に強い力を発揮するので建物を丈夫に仕上げることが出来ます。

上棟

木材の接合部である仕口を合わせる場合少しきつめに加工しており、木槌で打ち込むことでしっかり噛み合いしっかりした接合部ができあ がります。長い材料などは両側から声を掛け合ってタイミングよく木槌を打ち組み合わせていきます。

無垢フローリングの見極め

無垢のフローリングは、自然のものであるため我々人間と同じく全く同じものというものは存在しません。木目や色合いなどをみながら 場所ごとに張り分けて使っていきます。

無垢フローリングの施工

無垢フローリングは調湿性能があるため結露防止とサラサラの足触りがあります。しかし、調湿性があると言うことは湿気を吸い込むこと により伸び、湿気をはき出しては縮むという性質があります。そのため、既製品のフローリングと異なり貼り付けるのには時期や湿気など によって張り方を工夫して打ち付けています。

基礎工事

基礎工事は名前の通りすべての基礎となるため非常に重要な工事となります。基礎に接するのは建物木材だけでなく、タイルや外壁など 外部周りも関係性が非常に深いため出てくるため、当社では左官工事と基礎工事、両工種を兼任して施工しています。

左官工事

業界的に左官工事職人の減少と高齢化が激しいため、当社でも数年前からベテランの職人に若い職人をつけ技術伝承を行っています。 左官工事は現在では少なくなってきている塗り壁やタイル、石、など様々な工事で必要になってくる重要な工法を伝承している職人達 です。

森林の木材

木材は数多くの樹種が存在する上、乾燥の度合いや木目など一本一本異なった性質を持っています。木材の性質はいつも触って加工をして いる職人でなくては本当の特徴はわかりません。

切り出された木材

山から切り出された木材は原木のまま競りに出されたり、製材し製品になり市場に流通したりします。住宅などに使う梁や柱などは製品として 流通している物を使用しますが、樹種だけでなく目合いの美しさや節の有り無しによって価格は大きく異なってきます。当社では、実際にその 製品を使う腕利きの職人の目で一本一本確認しながら適材適所に使用していきます。

銘木ストック

当社では、玄関や床の間などに使う銘木類を数十年前からストックしています。板材や框材など栗、欅(ケヤキ)、地松、あすなろ、杉板、 栴檀(センダン)と言った銘木類をストックして建物の雰囲気に合った物を使用しています。

丸太 のもの 加工

角張った構造材は加工が容易ですが『のもの』という丸太の材料を加工するのは非常大変です。丸太であるため他の木材との接触面が曲面 となるため、墨付けの段階と加工の段階ごとに高い技術力と知識が必要となります。この材料を使用する目的は反っている材料であるので 重さに対して非常に強い力を発揮するので建物を丈夫に仕上げることが出来ます。

ナラ材フローリング

ナラ材フローリングは目合いが美しく、非常に堅い樹種でリビングなど、日常生活を送る場所だけでなく、応接スペースなど人を もてなす部屋などにも用いることにも向いているフローリングです。

メープルフローリング

メープルフローリングは非常に堅い樹種ですが、ナラ材に比べると目合いが荒いため、日常生活スペースに使用することに向いている フローリングです。

直角二面自動鉋機

建物の水平や直角を出すことにより建物の仕上がりは違ってきます。直角二面加工機は木材の直角を出すことが出来る加工機です。この機械 を使用することにより建物の直角(建ち)や水平面の仕上げを精度よく出すことが出来ます。

自動一面鉋機

構造材や、下地材に使う木材の厚さなどを調整する場合に使用する大型の自動鉋機です。幅も広いので大きな木材も一度に加工することが できます。

超仕上鉋

仕上材として木材が表面に現れる場合は鉋で仕上げますが、すべての木材に手で鉋を掛けると手間が掛かるためある程度は自動鉋機の仕上がり の良いものを使用します。ですが、床柱や玄関銘木類などは自動鉋よりもやはり熟練した職人の手鉋仕上げの方がより良い仕上がりとなります。

仕口加工機

仕口と言い木材同士をつなぐ部分を加工しなくてはなりません。仕口を手加工で行う場合もありますが、仕口加工機を使いながら手加工で 調整などを行います。

天井クレーン

重い木材等を移動したりするために天井クレーンを設置しています。特に墨付けなどの作業を行う場合には木材の向きを変えたり、職人さんの 手助けとなります。また、高く積み上げたフローリングなどの積み込みの際にも非常に役に立つ設備になっています。